スポンサーリンク

よく聞くポケットWi-Fiってそもそも何なの?

ポケットWi-Fi とは

ポケットWi-Fiと良く耳にするけれど、使った事がない初心者の方は、実際どういったものを指すのか分からないということがあると思います。

ポケットWi-Fiとは、正確にはワイモバイルの登録商標ですが、簡単にご説明すると、Wi-Fiを飛ばすことのできる小型の機器である「モバイルWi-Fiルーター」のことです。

手軽に使うことができるのがポケットWi-Fiの魅力ですが、そもそも自分に適しているのかという点と、提供している会社によってサービスや料金が違うので、これから利用するかを検討されている場合はそういった部分を含めて選ぶ必要があります。

各提供会社のメリット、デメリットをふまえてご説明しますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ポケットWi-Fiの特徴とは

ポケットWi-Fiの特徴を知ることで、本当に自分が使うのに適しているのかが分かります。

現在のネットの使用量やこれからどんな用途に使うのかを考えてみてください。

そもそもポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiとは、モバイルWi-Fiルーターのことです。

モバイルWi-Fiルーターとは、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに繋げるための機器です。

ポケットWi-Fi とは

単体ではインターネットに接続ができない機器でもモバイルWi-Fiルーターを通してインターネットに接続することができます。

また、色々な呼び方をされるのが特徴で、おもに「ポケットWi-Fi」「Wi-Fiルーター」「WiMAX端末」「モバイルルーター」などと呼ばれています。

色々な呼び方をされるため、少し難しく感じてしまうかもしれませんが、基本的に全て持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターと考えて良いです

ポケットWi-Fiと光回線の違いとは

インターネット回線を自宅で利用したい、と考えた時にまず思いつくのは光回線を引くことだと思います。

ポケットWi-Fi とは

しかし、光回線を自宅に引くとしたら工事を依頼して立ち合いの段取りを決めて予定を調整したり、工事の費用が別途必要になります。

それとは違い、ポケットWi-Fiであれば本体さえ用意すれば工事の必要がなく簡単にネットに接続することができます。

また、持ち運びが可能で、引っ越しなどにも対応しやすいメリットがあります。

ただし、固定回線と比べると、どうしても通信が不安定になることもあります。

また、電波の入りにくい置き場所や壁の厚さなどに影響される場合があるので、同じ室内で通信速度が安定する置き場所を探すと快適に使うようになる場合も多いです。

コンパクトで手軽に使うことのできるポケットWi-Fiは、仕事を抜けてまで立ち合いをしたくないという方や、初期費用を抑えて手軽に使いたいとお考えの方、2~3年以内に引っ越しの予定がある方におすすめです。

スマホの速度制限にも対応できる

多くの人が持っているスマホですが、特に大手の携帯電話回線で契約している場合はデータ通信容量に限りがあり、通信速度制限がつきものです。

ポケットWi-Fi とは

また、格安SIMを利用する方も増えたものの、月額費用を安く抑えたい場合はデータ容量も少なめに設定される場合も多いはずです。

そんな時にモバイルルーターを使うことで速度制限を気にすることなくスマホが使用でき、読み込むスピードが遅くてイライラすることから解放されます。

小さくて持ち運びができるので、外出先でも変わらず使えるのが無線であるポケットWi-Fiの良さのひとつです。

ポケットWi-Fiサービスの提供事業者の種類

ポケットWi-FiはWiMAXやワイモバイルなどをはじめとする事業者が提供しています。

UQWiMAX(au)・ドコモ・Y!mobile(Softbank)や各プロバイダを通して契約ができます。

UQWiMAX(au)の場合

「WiMAX」は、ポケットWi-Fiの代表格と言っても良いサービスで、UQコミュ二ケーションズが提供しています。

ポケットWi-Fi とは

高品質な通信環境に定評があり、auの系列会社でもあります。

WiMAXはその他にもさまざまな提供会社が独自のサービスを持って販売しています。

さらにWiMAXはポケットWi-Fiの中でも回線速度が速くて速度制限も緩いというメリットがあることで人気があります。

最大通信速度は440Mbpsとなっており、業界最高水準です。

月額の料金もお手頃に設定してある場合も多いので、各プロバイダの料金を比較してみた方が良いです。

ドコモの場合

ポケットWi-Fi とは

ドコモは「Wi-Fi STATION N-01J」を始めとする自社の機種でポケットWi-Fiを提供しています。

ポケットWi-Fi とは

こちらのポケットWi-Fiは、ドコモのモバイル回線であるXi(クロッシィ)回線を利用しているため、提供エリアが広くて安定しています。

ドコモのポケットWi-Fiについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

「ポケットWi-Fi docomo」に関する記事はこちら!

Y!mobileの場合

ポケットWi-Fi とは

Y!mobile(元イーモバイル)がソフトバンクに吸収される前からサービスを提供しており、今ではSoftbankとワイモバイルの対応エリアを合わせたポケットWi-Fiを提供しています。

WiMAXと同じ程度の知名度がありますが、契約期間が3年となっています。

ワイモバイルについてより詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください!

「ポケットWi-Fi ワイモバイル」に関する記事はこちら!

ポケットWi-Fiはどんな人に向いているの?

ポケットWi-Fiを使うのに向いているのはどんな用途に使っているのかを知れば、自分に当てはまるかを知ることができます。

  • 自宅でも外出先でもノートパソコンを使用したい方
  • ノートパソコン用に光回線をすでに引いていて、さらにタブレット、スマートフォンなどを複数契約していて、通信速度規制にお悩みの方、または全てまとめて節約をしたい方
  • 出張や転勤が多い方
  • スマホやゲーム機のヘビーユーザーの方

これらにひとつでも当てはまるという方は、光回線よりもポケットWi-Fiを使った方が良い可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

選ぶ時に比較すべき点はどこ?

せっかくポケットWi-Fiを使ってみよう!と思っても、きちんと自分に合うものを調べて選ぶ必要があります。

よく考えずに契約してしまうと、契約期間内の解約は違約金が発生してしまいます。

そのため自分が使用する目的に合ったポケットWi-Fiを失敗せずに選ぶためにも、その中で重要である3つのポイントについてご説明します。

使用できるエリアに入っているか

ポケットWi-Fiを使ってみたいと思い、一番最初に調べることは、自分がメインで使う自宅などの場所が利用エリアに入っているかどうかです。

契約をした後に使えなかった、とならないようにまずは自分が「使うことができるか」を確認してください。

調べ方は、検討しているポケットWi-Fiを取り扱っているサイトでエリアを地図開いて確認します。

または住所を入力することで調べることができます。

ポケットWi-Fi とは

また、「△」という判定が出てしまっても、端末を無料でレンタルできるので、本当に通信ができないかを確かめてみることをおすすめします。

エリアマップを比較するとよく分かるのですが、提供される会社によってエリアの広さの範囲に差があることが分かります。

もしも結果が「◎」ではなかったとしても、色んな提供会社のエリア判定を調べてみてください。

以下において、UQWiMAX・ドコモ・Y!mobileの3社の利用エリアを確認して下さいね!

UQWiMAX(全機種共通)http://www.uqwimax.jp/area/

ドコモ(全機種共通)https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/

Y!mobile(PocketWiFi603HWの場合)http://www.ymobile.jp/area/select.html?device_type=603hw

なお、Y!mobileの「AXGPエリア」と呼ばれるものは従来の「4Gエリア」となっています。

快適にネットができる使用量であるか

ポケットWi-Fiの毎月使用できるデータ量を調べていくと、通信制限の存在している「制限プラン」だけでなく、通信制限がない「ギガ放題」や「使い放題」といった料金プランが目に留まります。

しかし、注意したいのは数日で大量の高速通信を行うと、通信制限はあるということです。

と言っても大手携帯電話会社のように厳しいものではありません。

3日間に一定以上使用すると制限がかかり、一定時間減速してしまう「3日間制限」と、月に一定以上使用すると月末まで制限がかかり減速してしまう「月間制限」があります。

提供会社次第では自分が普段利用する通信量を考慮して選択しないと、月額料金を支払っているのに速度制限に引っかかってしまいます。

こうした場合、制限速度にもよりますが、インターネットや動画の視聴を快適に行うことができなくなってしまいます。

速度制限についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

「WiMAX2+ 新速度制限」に関する記事はこちら!

たくさんネットをしたいからポケットWi-Fiを契約したいとお考えの方は、ギガ放題や速度制限がゆるくて快適に使うことができるものを選ぶのがおすすめです。

また、Y!mobileにおいては月間のデータ通信容量の制限である7GBを超過した場合、オプションであるアドバンスモードに切り替えることで、その後も最高通信速度のまま利用することが出来ます。

料金プランだけでなく、こうしたオプションを利用してみるのも一つの手だと言えます。

実質の月額はいくらであるか

ポケットWi-Fi とは

月額を見比べると、月およそ2,000円後半から4,000円後半の料金が多く見られます。

しかし、注目したいのはキャッシュバックに力を入れているところがあることです。

ただし、高額キャッシュバックがないという場合は月額料金が抑えられる傾向にあります。

キャッシュバックを多く受け取りたい場合は少し月額が高くなりますが、全体を計算して、どちらが結果的にお得であるかを料金比較するとお得なプランが選べるはずです。

契約期間を確認しよう

ポケットWi-Fiの契約期間は、基本的に2年間です。

しかし、ワイモバイルのポケットWi-Fiは3年契約となっています。

契約期間が存在しないプランもありますが、割高になってしまうので2年以上の契約期間で契約をする場合が多いです。

注意すべき点は...?

ポケットWi-Fi とは

ポケットWi-Fiにはメリットが多いですが、少しだけ気を付けたいこともあります。

充電が必要で、荷物が増える

光回線との大きな違いは、ポケットWi-Fiが小型の機器であるがゆえに充電をする必要があることです。

UQ コミュニケーションズが提供している最新機種である「Speed Wi-Fi NEXT W04」において連続通信時間は以下の通りとなっています。

利用するモードハイパフォーマンスモードノーマルモードバッテリーセーブモード
連続通信時間約390分約540分約630分

LTE回線を用いたハイスピードプラスエリアモードを利用すれば、より連続通信時間は少なくなります。

また、外出先で使用する時は持ち運ぶことになりますが、それなりに慎重に扱うべき機器ですので雑な扱いはできません。

このようにコンパクトではありますが、外出の際に荷物が増えるという注意点もあります。

キャッシュバックキャンペーンに気を付けること

ポケットWi-Fi とは

ポケットWi-Fiをできる限りお得に契約したいと思ったときにキャッシュバックのキャンペーンを見かけることがあるはずです。

金額が大きいのでお得に感じますが、注意したいことがあります。

それは、提供プロバイダによってはキャッシュバックをすぐに受け取ることが出来ない、ということです。

「GMOとくとくBB」や「3WiMAX」といったプロバイダはサービス開始月から11か月後にようやくキャッシュバックを受けることが出来るのです。

実は1年後というのは忘れてしまう方が多く、プロバイダ側のアクションとしてもメールが1通送られてくるだけ、となっています。

これでは見逃してしまっても仕方がないかもしれませんよね...

もし、覚えておく自信がないという方や、手間がかかるのが嫌だと思う方は、キャッシュバックよりも、月額料金が抑えられるプランを選ぶことをおすすめします。

 

GMOとくとくBBに関して詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

「WiMAX GMOとくとくBB」に関する記事はこちら!

また、「Broad WiMAX」のように煩雑で忘れやすい手続きなしでキャッシュバックを受け取ることが出来るプロバイダもあるので、そちらを利用するのもオススメです。

なんと「Broad WiMAX」においては現在初期費用の18,857円をキャッシュバックしてくれるキャンペーンが実施されています。

2016年の3月1日から実施されており、キャンペーン期間の終了は未定となっています。

しかし、いつ終わってもおかしくないため、早めに契約してしまうのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポケットWi-Fi とは

光回線をつなぐメリットもありますが、ポケットWi-Fiは、手軽さと持ち運びが可能であるところ、比較的料金がお手頃であることが人気である理由です。

ノートパソコンを快適に使いたいという方や、スマホの速度制限から解放されたいという方におすすめです。

初心者の方でも使いやすいので、まずは各社の比較をしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事