スポンサーリンク

海外でポケットWi-Fiを使うにはどうすればいいの...?

「海外旅行でもスマートフォンを使いたいんだけど、海外で使うと莫大な通信料金を取られるってホント...?」

ポケットWi-Fi 海外レンタル

こうした疑問を抱えている人は多いでしょう。

結論から言いますと、海外で国内通信キャリアのスマホのインターネット回線を使用すると高額な通信費が取られてしまいます。

これは、国際電話の通話料金が日本国内での通話料金と異なるのと同じです。

それでも、海外でも地図アプリやメールなどの使用でインターネット回線を使う機会はありますよね!

では、どのようにすれば海外でもスマホのインターネット回線を利用することが出来るのでしょうか?

日本のポケットWi-Fiをそのまま海外へと持ち出すと、通信帯域によっては法律違反となってしまう可能性もあります。

また、日本国内と異なりホテルなどの公衆Wi-Fiが無料ではないケースも多いです。

そこで現在人気なのは、「フォートラベルグローバルWiFi」や「楽天トラベルグローバルWiFi」、「グローバルモバイル」などの「海外ポケットWi-Fiのレンタルサービス」です。

この記事では、ポケットWi-Fiの海外レンタルが一体どのようなものなのか、気を付けるべき点やメリット・デメリットは何なのか、ということについて見ていきます。

そして、最後には厳選したオススメのポケットWi-Fi海外レンタル事業者を2社紹介します!

もし

「ポケットWi-Fiの海外レンタルはよく知ってるから早くオススメの事業者を教えてくれよ!」

という方は以下の2社をぜひ利用してみてください!

スポンサーリンク

そもそも海外ポケットWi-Fiレンタルって何?

「海外ポケットWiFiレンタル」とは、現地の通信会社の回線を利用することが出来るポケットWi-Fiルーターを出発する空港などでレンタルできるサービスです。

海外に渡航する際に、スマホやタブレットなどの通信機器にポケットWi-Fiルーターで接続することにより、格安でインターネット回線を利用できます。

これを利用することで、海外でも安心してスマホやタブレットをインターネット回線につなぐことが出来ます。

スポンサーリンク

海外ポケットWi-Fiレンタルはどうやって利用するの?

では、海外ポケットWi-Fiレンタルはいったいどのようにして利用することが出来るのでしょうか?

海外ポケットWi-Fiレンタルサービス利用の流れは以下の通りです。

出発前

出発前に行うことは、レンタルセットを受け取ることです。

このレンタルセットの受取方法は、出発日当日と出発日前日の2パターンがあります。

出発日当日に受け取るパターンは、出発空港の専用カウンターで受け取る「空港受取」のパターンです。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

これは、フライト前の空き時間に受け取ることができ、事務手続きや取扱説明など5~10分程度の時間がかかります。

出発前で何かとあわただしいと思いますので、事前に空港の受取カウンターを以下で確認しておきましょう。

主要な空港カウンターの位置はリンク先のサイトに掲載されていますので、出発前にご覧ください!

そして、もう一つは宅配便で受け取る「宅配受取」のパターンです。

この場合、送料や手数料は利用者負担となってしまう可能性はありますが、Wi-Fi端末を宅配便によって自宅や会社のオフィスで受け取ることが出来ます。

また、事業者によっては、その事業者のオフィスや現地空港で受け取ることが可能な場合もあります。

海外渡航中

現地に到着したら、ポケットWi-Fiルーターの電源をONにしましょう。

あとは、スマホやタブレットにポケットWi-FiルーターでWi-Fiに接続するだけです。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

接続が完了すれば、インターネット回線を利用することが可能になります。

ちなみに、Wi-Fi接続時に「SSIDの選択」を求められますが、これはネットワークを識別するための名前です。

ルーターごとに異なるSSIDとパスワードが設定されているので、そちらを選択・入力してください。

帰国後

帰国後には、受取空港でポケットWi-Fiルーターを返却することが出来ます。

事業者によっては、受取可能空港に専用の返却BOXを用意していることもありますのでそちらを利用すると便利です。

海外ポケットWi-Fiレンタルの事業者やプランはどうやって選べばいいの...?

海外ポケットWi-Fiレンタルサービスの概要はわかっていただけたかと思います。

では、どのようにして海外ポケットWi-Fiレンタルの事業者やプランを選べばいいのでしょうか?

ここでは、利用する前に確認すべき3つのことを挙げていきます。

渡航先で利用できるか

まず第一に確認しなければならないのは、自身の渡航先が利用するWi-Fiレンタルサービスの対応国となっているか、という点でしょう。

もちろん、多くの事業者が複数の国や地域で利用できるレンタルサービスを提供しています。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

しかし、やはり世界中の国と地域すべてに対応している、というわけではありません。

また、海外旅行等で複数の国や地域を周遊する場合には、渡航する国と地域をすべてカバーする周遊タイプのプランを選択しましょう。

そうすることで、通常の料金プランよりも費用が安く抑えられる場合があります。

周遊タイプのプランには、「香港マカオ周遊プラン」や「ヨーロッパ周遊プラン」などの地域ごとのプランから、「世界周遊プラン」まで用意されている場合もあります。

料金・キャンペーンはどうか

次に確認するべきが料金です。

各事業者とも、レンタルの基本料金は各国の通信料金を基準として1日単位で設定されています。

そのため、国や地域・通信速度や利用可能データ量によって料金が異なっています。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

通信速度は2G<3G<4Gの順で速くなっています。

高速通信が可能であれば、その分料金は高く設定されています。

また、利用可能データ通信量に関しては1日当たり200~250MBを利用できるプランが「通常プラン」となっている事業者が多いです。

さらに大容量のプランも存在しますので、自身のインターネット利用と照らし合わせて検討しましょう。

Wi-Fi機器の紛失や盗難、破損といった万が一のリスクに備えた補償サービスなどのサポート対応を行っている事業者も多くいます。

誰しも不安な海外での利用になりますから、こうしたサポート体制はうれしいですよね。

補償の範囲に応じて料金が異なり、1日単位の価格設定となっていることが多いです。

補償制度の加入を検討している場合は、レンタルの基本料金に補償制度の価格を上乗せして料金比較を行いましょう。

キャンペーンによる割引がされている場合もあるので、うまく利用していきましょう。

口コミはどうか

ポケットWi-Fi 海外レンタル

電波を利用するサービスであるため、場所や地域によっては繋がりづらかったり、通信速度が遅いといった問題が発生するかもしれません。

「使い方が分からない」「故障した」といった基本的なトラブルも含めた利用状況は、実際に利用した人の口コミを確認するといいでしょう。

いつも利用していますが非常に便利です


今までは価格を抑えるために3Gをレンタルしていたのですが、今回は4Gをレンタルしてみました。結果、通信速度が早くこんなに違うもんだと実感しました。


都市部はどこでも問題なくつながりました。


バッテリーは1日1回充電するだけで大丈夫でした。バッテリーの持ちについては機器の新旧によっても異なるところではあるかと思いますが。。。


非常に簡単でした。 モバイルの設定方法も説明書にわかりやく明示してあり、かつ、wifiを受け取る際には担当して下った方が丁寧に説明して下さったので助かりました。


事前に返却場所をインターネットで調べていたので困ることはありませんでした。 個人的は事前に調べておくとスムーズかなと思います。


2名で使用しても通信速度が遅くなることもなく使用することができました。 また、海外で使用できる(その国に合わせた)コンセントも一緒に入っているので助かります。 google mapなども使用したのですが、容量オーバーになることもなく(今回は大容量パックだったので)使用できたので安心して旅行を楽しむことができました。

【イタリアでの利用における口コミ例】出典:http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/ranking.asp?ww_country=149#report3820

海外ポケットWi-Fiレンタルのメリット・デメリットって...?

さて、ここからは海外ポケットWi-Fiレンタルサービスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

海外ポケットWi-Fiレンタルのメリット

まずは、海外ポケットWi-Fiレンタルのメリットを紹介します。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

大きく分けると2つのメリットが挙げられます。

  1. 携帯電話会社のパケ放題などよりも料金が安くなる
  2. 複数台で利用できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

携帯電話会社のパケ放題などよりも料金が安くなる

最大のメリットはやはり、料金の安さです。

大手携帯会社が提供している、海外パケ放題などの海外向け定額プランサービスは少しの利用でも、1日当たり2,980円もかかってしまいます。

しかし、海外ポケットWi-Fiレンタルでは、渡航先や事業者によって異なりますが多くのエリアで1日当たり数百円程度の料金設定となっています。

複数台で利用できる

ポケットWi-Fiルーターは、同時に複数の機器で利用することが出来ます。

そのため、別行動をとらない限りはポケットWi-Fiルーターを複数人で一緒にデータ・費用をシェアして料金を安くすることが出来ます。

海外ポケットWi-Fiレンタルのデメリット

次に、海外ポケットWi-Fiレンタルのデメリットを紹介します。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

大きく分けると4つのデメリットが挙げられます。

  1. 事前の申し込み手続きが必要
  2. ルーターを持ち歩く必要がある
  3. ルーターの充電を気にする必要がある
  4. レンタルしている日数分の料金がかかる

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

事前の申し込み手続きが必要

当然ですが、ポケットWi-Fiルーターをレンタルする前に、事前の予約や申し込みが必要となります。

また、機器の受取手続きも行う必要があり、ある程度の手間がかかるのは事実です。

ルーターを持ち歩く必要がある

海外渡航中、どこに行くにもインターネット回線を利用するにはポケットWi-Fiルーターを持ち歩かないといけません。

慣れない海外で電子機器を持ち歩くのはやや不安であると言えるかもしれません。

ルーターの充電を気にする必要がある

ポケットWi-Fiルーターを利用する際に、最も気を付けなければならないのはバッテリーです。

利用する環境によっても異なりますが、ポケットWi-Fiルーターの利用時間は4時間程度が主流です。

そのため、バッテリーの消耗を抑えるためにこまめに電源を切る必要があります。

面倒であるならば、予備の充電用モバイルバッテリーを持つことをおすすめします。

予備バッテリーはあらかじめ購入するか、申込時に各事業者からレンタルすることが出来ます。

レンタルしている日数分の料金がかかる

料金に関しては、利用してもしなくても申込日から返却するまでの日数分の利用料金がかかります。

厳選2社!オススメのポケットWi-Fi海外レンタル事業者を大紹介!

ここまで見てきていただいた方には、ポケットWi-Fiの海外レンタルについてかなり詳しくなったのではないでしょうか。

しかし

「せっかくなら契約したいけど、いっぱいありすぎてどこが良いかはわからないよなぁ…」

ポケットWi-Fi 海外レンタル

という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは多くの事業者から厳選してオススメできる2社のポケットWi-Fi海外レンタル事業者を紹介します。

Wi-Ho!

ポケットWi-Fi 海外レンタル

「Wi-Ho!」は、株式会社テレコムスクエアが運営しているポケットWi-Fi海外レンタル事業者です。

レンタル方法

レンタル方法は、かんたん4ステップとなっています。

まずは「お申し込み」です。

こちらは、お使いのPCやiPhone、スマートフォンで申し込むことが出来ます。

お申し込み後、受注確認書がメールで送られてきます。

また、申込時にご利用料金の決済も行われているので、併せて領収書も送られてきます。

申込履歴の閲覧と領収書のダウンロードはマイページからも可能です。

以下のように、受け取り方法によって申込期限が異なります。

 空港受取宅配受取
前日正午まで成田空港
羽田空港
2日前正午まで関西空港下記以外
3日前正午まで新千歳空港
福岡空港
北海道
東北(青森県・秋田県)
関西(和歌山県)
中国(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)
四国(徳島県・香川県・高知県・愛媛県)
九州(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
沖縄
前日正午~ご出発当日申込について当社の別ブランド「Telecom Wi-Fi」は当日のWEB予約や空港でのお申し込み希望の場合は、商品手配の都合上、ご出発の2日前正午が申込期限となります

深夜便を利用する方で、出発前日に受け取り希望の場合は、商品手配の都合上、出発の2日前正午が申込期限となっています。

次に「お受け取り」です。

受け取り方法に関しては2種類あります。

宅配で受け取りの場合は、出発前日に指定の場所まで届けてくれます。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

送料は無料で、宅配時刻の指定や宅配BOX投函の指定も可能です。

配達状況の確認が出来るように、商品発送後に伝票番号をメールで知らせてもらえます。

また、マイページからも宅配の配達状況を確認できます。

空港で受け取りの場合は、出発前にカウンターに立ち寄ることで受け取ることが出来ます。

その際には、受注確認書と本人確認のためのパスポートをスタッフに提示して下さい。

そして、「ご利用」です。

利用中も24時間対応のコールセンターがサポートしてくれます。

「使い方が分からない…」

「商品が盗まれた…」

こうしたよくあるトラブルの際には、電話して相談しましょう。

最後は「ご返却」です。

返却方法も2種類あります。

空港で返却の場合は、空港ごとに返却方法が異なります。

成田空港第1、第2ターミナル手渡しにてご返却ください
羽田空港
成田空港第3ターミナル
新千歳空港
関西空港
福岡空港
返却BOXにてご返却ください

なお、返却時に身分証明書の提示は必要ありません。

宅配で返却の場合は、帰国日の翌日までに発送してください。

申込時に宅配返却を希望された場合は、発払い伝票を商品に同封します。

返送料は

  • 着払いの場合:全国一律1,080円
  • 発払いの場合:お客様実費負担

となっています。

料金プラン

Wi-Ho!では料金プランを2つのタイプから選ぶことが出来ます。

まずは、「海外1カ国用Wi-Ho!」です。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

Wi-Ho!は現地の通信会社の回線を優先して用意してくれるため、繋がりやすさが他社とは違います。

高速データ通信の4G WiFiルーターなら、バッテリーも大容量となっています。

対応国料金表は以下の通りとなっています。

北米・グアム・ハワイ

国名速度容量/日価格(1日)
アメリカ4G250MB750円
500MB1,050円
1GB1,250円
カナダ3G350MB850円
4G250MB850円
500MB1,150円
グアム3G350MB980円
4G250MB980円
500MB1,280円
サイパン3G250MB980円
500MB1,280円
ハワイ4G250MB750円
500MB1,050円
1GB1,250円

中南米

国名速度容量/日価格(1日)
ブラジル4G250MB1,080円
500MB1,380円
メキシコ3G250MB1,080円
500MB1,380円

アジア

国名速度容量/日価格(1日)
インド4G250MB680円
500MB980円
インドネシア3G250MB680円
4G500MB980円
カンボジア3G250MB680円
500MB1,150円
シンガポール4G250MB680円
500MB980円
タイ4G250MB680円
500MB980円
1GB1,180円
フィリピン4G250MB680円
500MB980円
ベトナム3G250MB390円
500MB690円
マレーシア4G250MB590円
500MB890円
モルディブ3G250MB1,080円
500MB1,380円
韓国4G250MB750円
500MB1,050円
1GB1,250円
無制限1,750円
香港4G250MB680円
500MB980円
1GB1,180円
台湾4G250MB590円
500MB890円
1GB1,180円
無制限1,590円
中国4G250MB680円
500MB980円
1GB1,180円

オセアニア

国名速度容量/日価格(1日)
オーストラリア3G350MB850円
4G250MB850円
500MB1,150円
ニュージーランド4G250MB980円
500MB1,280円

中東

国名速度容量/日価格(1日)
トルコ3G250MB1,080円
500MB1,380円

ヨーロッパ

国名速度容量/日価格(1日)
イギリス4G250MB850円
500MB1,150円
イタリア4G250MB970円
500MB1,270円
オランダ4G250MB890円
500MB1,190円
スペイン4G250MB850円
500MB1,150円
フランス4G250MB850円
500MB1,150円
1GB1,350円
ロシア4G250MB1,080円
500MB1,380円
アイスランド4G250MB980円
500MB1,280円
アイルランド4G250MB980円
500MB1,280円
アルバニア3G250MB980円
500MB1,280円
エストニア4G250MB980円
500MB1,280円
オーストリア4G250MB980円
500MB1,280円
カザフスタン3G250MB980円
500MB1,280円
キプロス3G250MB980円
500MB1,280円
ギリシャ4G250MB980円
500MB1,280円
クロアチア4G250MB980円
500MB1,280円
サンマリノ4G250MB980円
500MB1,280円
スイス4G250MB980円
500MB1,280円
スウェーデン4G250MB980円
500MB1,280円
スロバキア3G250MB980円
500MB1,280円
スロベニア4G250MB980円
500MB1,280円
セルビア4G250MB980円
500MB1,280円
チェコ4G250MB980円
500MB1,280円
デンマーク4G250MB980円
500MB1,280円
ノルウェー4G250MB980円
500MB1,280円
バチカン市国4G250MB980円
500MB1,280円
ハンガリー4G250MB980円
500MB1,280円
フィンランド4G250MB980円
500MB1,280円
ブルガリア3G250MB980円
500MB1,280円
ベルギー4G250MB980円
500MB1,280円
ポルトガル4G250MB980円
500MB1,280円
ポーランド4G250MB980円
500MB1,280円
ポーランド4G250MB980円
500MB1,280円
マルタ3G250MB980円
500MB1,280円
モナコ4G250MB980円
500MB1,280円
ラトビア4G250MB980円
500MB1,280円
リトアニア4G250MB980円
500MB1,280円
リヒテンシュタイン4G250MB980円
500MB1,280円
ルーマニア4G250MB980円
500MB1,280円
ルクセンブルク4G250MB980円
500MB1,280円

2つ目の料金プランは、「複数カ国用プラン」です。

プランの一覧は以下のようになっています。

プラン名速度容量/日価格(1日)利用可能国
アジア周遊Wi-Ho!4G500MB1,280円インド
インドネシア
韓国
カンボジア
シンガポール
スリランカ
タイ
台湾
中国
フィリピン
ベトナム
香港
マカオ
マレーシア
ラオス
3G350MB980円上記に加えて
ウズベキスタン
カザフスタン
タジキスタン
ヨーロッパ周遊Wi-Ho!4G250MB1,180円約50の国と地域
500MB1,480円
世界周遊Wi-Ho! Lite3G3G350MB1,380円102カ国と地域
世界周遊Wi-Ho! 4G4G500MB1,680円93カ国
1GB1,880円

充実のオプション

慣れない海外ではやはり何が起こるか分からないですから、非常に不安ですよね…

Wi-Ho!はそんな方のために、3つのオプションを提供しています。

一つ目は、「あんしん保証」です。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

1日当たり216円(1台ごとの加入)で、レンタル品の盗難・紛失や破損時に発生する弁償代金を保証してくれるサービスです。

二つ目は、「モバイルバッテリー」です。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

モバイルバッテリーも1日当たり216円から貸し出してもらえます。

薄型のものであれば270円、大容量のものであれば324円でレンタルすることが出来ます。

三つ目は、「USBカーチャージャー」です。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

これは、1日当たり108円でレンタルすることができ、運転中に充電が可能になるものです。

こうして移動時間を有効活用して、スマホもWi-Fiも目的地に着いたらすぐに使えるようにしておきましょう。

 

より詳しく「Wi-Ho!」に関して知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!

「Wi-Ho! 口コミ」に関する記事はコチラ!

グローバルWiFi

ポケットWi-Fi 海外レンタル

「グローバルWiFi」は株式会社ビジョンが運営しているポケットWi-Fi海外レンタル事業者です。

レンタル方法

まずは、渡航前に「申込と決済(支払い)」を行います。

WEBのお申込みフォームに必要事項を入力して、申し込んでください。

申し込み完了後、登録したメールアドレス宛に申込内容の確認メールが届きます。

受け取り場所や方法によって、WEBからの申込期限は異なります。

コチラで確認してください。

支払い方法は、原則としてクレジットカード決済となります。

学生の方などクレジットカードを持っていない場合に限り、便利なNP後払い決済も用意してあります。

法人様の場合は請求書での対応も可能となっています。

次に、「Wi-Fi機器の受け取り」です。

空港カウンターで受け取る場合、受渡手数料が500円(税抜)でかかります。

出発当日に空港カウンターにて受け取ることが出来ます。

受け取りが可能な空港は

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西空港第1・第2ターミナル
  • 伊丹空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 静岡空港
  • 小松空港
  • 新潟空港
  • 福岡空港
  • 博多港国際ターミナル
  • 宮崎空港
  • 那覇空港

となっています。

宅配便で受け取りの場合、受取り送料が500円発生し、返却送料も利用者の実費負担ですが、出発の前日に指定の住所に届けてくれます。

ハワイ・韓国・台湾で利用する方は、受渡手数料500円がかかりますが、現地で受け取りが可能となります。

こうして受け取った後は、渡航先でインターネットを楽しむことが出来ます。

ポケットWi-Fi 海外レンタル

24時間365日対応のカスタマーサポートも行われているので、世界各国で安心してサービスを利用できます。

返却の際も、空港カウンター・宅配便・現地と返却方法を選ぶことが出来ます。

空港カウンターでの返却の場合、返却可能な空港カウンターは上述の空港に加え、鹿児島空港でも可能です。

宅配便で返却の場合は、帰国当日に指定の住所まで返送する必要があります。

現地での返却は、現地で受け取った場合のみ可能となります。

料金プラン

グローバルWiFiの料金プランも、1カ国タイプと2カ国以上のタイプがあります。

1カ国の場合、国によって料金は様々ですが

アメリカの場合

  • 通常プラン(250MB):970円/日
  • 大容量プラン(500MB):1,270円/日
  • 超大容量プラン(1GB):1,470円/日

イギリスの場合

  • 通常プラン:1,270円/日
  • 大容量プラン:1,470円/日
  • 超大容量プラン:1,670円/日

となっています。

2カ国以上の場合は、地域によって値段が異なってきます。

ヨーロッパ周遊プラン(ヨーロッパ49カ国が対象)の場合

  • 3G周遊:1,180円/日
  • 3G大容量周遊:1,280円/日
  • 4G周遊:1,480円/日
  • 4G大容量周遊:1,680円/日
  • 4G超大容量周遊:1,880円/日

となっています。

 

より詳しくグローバルWiFiについて知りたい方は以下の記事もチェック!

「グローバルWiFi 口コミ」に関する記事はコチラから!

まとめ

いかがだったでしょうか。

海外ポケットWi-Fiレンタルサービスに関して知らなかった方も、この記事を見てご理解いただけたのではないでしょうか。

海外旅行や海外出張の際にはこの記事を参考にして、海外ポケットWi-Fiレンタルサービスを利用してみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事